一体どれぐらいの費用になるか

新郎新婦

結婚式場には、さまざまなオプションが存在しています。通常の結婚式を挙げて特にオプションをつけなければ、それほどお金はかかりませんが、オプションをつけることにより盛り上がるのは間違いありません。当然その分だけ、費用がかかることを理解しておく必要があります。例えば、映像がこれにあたるでしょう。映像にも2種類ありますが、結婚式場の風景や結婚式の様子を撮影するという意味での映像もあれば、新郎新婦の生い立ちを撮影し結婚式で上映するという意味での映像も存在しています。費用としては、安いところならば5万円前後で撮影し上映することも可能になりますが、ある程度凝っているところは10万円ぐらいのお金がかかることもありますのでよく調べておきましょう。

どのような理由で人気があるのか

結婚式場で生い立ちを紹介する映像を流すことは、とても人気があります。なぜこのようなことがよく行われること言えば、やはり新郎新婦の印象を決定づけたい理由もあります。映像を流さないと新郎新婦の過去を知る人はいないかもしれません。新郎新婦の過去を知る人はその人の親せきや親だけになります。ところが、新郎新婦も中学生ぐらいになるとなかなか親せきに会わなくなってくる傾向があるでしょう。そうすると、中学生以降の新郎新婦を知らない可能性があります。高校時代や大学時代でできた友達などは、大人になってからの新郎新婦をしているかもしれませんが、子供のころの新郎新婦を知らない可能性が高いわけです。このように、それぞれ知らない部分がある可能性が高いため、一通り映像を見せることにしているわけです。

メッセージ性が込められていることも

結婚式のときに流す映像の中には、単に過去の生い立ちから現在までの様子を流すわけではありません。もちろんそのように、アルバムとしての役割があることはとても重要ですが、それ以上にメッセージ性が込められていることがよくあります。どのような意味かといえば、映像の中に参加者に対して何らかの文字としてのメッセージを残すか、あるいは現在の新郎新婦が出てきて映像の中で参加者に対して何かメッセージを残していき感動させる仕組みです。このようなメッセージを残すことで、参加者は一気に感動する気持ちが高まるでしょう。結婚式も、何もない結婚式よりも何でもいいので一つだけ印象に残る結婚式を作ることができれば、単に料理がおいしかったということや昔の友達に会えたというだけでなく、それ以上に印象に残るものができあがるでしょう。10年経過しても20年経過しても参加者の頭の中に記憶として残る結婚式を挙げたいならば、映像を流しメッセージを入れるべきです。

広告募集中